大切なことは「過ぎないこと」

新型コロナウィルスで世界中に緊張を与える4月です。

私たちもコロナ対策で、子どもたちやご家族、スタッフが感染しないように・・・

一生懸命考えるけれど、考えれば考えるほど不安になります。

私が尊敬する、ある助産師さんが「人は過ぎないことが大切」という言葉を送ってくれたことを思い出しました。

人が健康に、人間らしく生きていくことは

食べ過ぎない、考えすぎない、頑張りすぎない、運動しすぎないなど

「過ぎない生活」を心がけること!!

私は、このお話しを聞いたときにドンっ!と腹に落ちました。

コロナに関しては、感染しないように気をつけることは大切です。

でも「心配し過ぎない」これも大切ことの1つであるとも思っています。

不安になりすぎると「心も不健康」になる。そうするとウィルスと戦う免疫力も落ちてしまうんです

気をつけて→喜をつけて!!とちょっと考えてみることはいかがでしょうか?

子どもたちは、いつもニコニコ私たちに無邪気な笑顔をみせてくれます。こうしてお家にいるからこそ子どもたちの可愛い姿を発見することもできます。これって喜びでもありますね。

子どもの笑顔を見ると本当の元気をもらえます。

1つだけ「過ぎて良いことは」笑うこと!!子どもたちだからこそ持っている力ですね

ここにいると安心する!!笑っているとそんな気にもさせてくれます。

ダイジョブも訪問を自粛しており、ご家族には少し頑張っていただいている状況です。

ただ、ご家族が「助けて!!」と言えるような配慮はして参ります。

子どもたちもご家族も「頑張りすぎない」ように私たちもオンライン訪問など計画しながらこの時期と戦いたいと思っています。

早くこの状況が終息しますように。

 

 

2020年4月7日 | カテゴリー : 未分類

春も元気に頑張りましょう

3月になりました。

新型コロナウィルスへの不安だったり、色んな事が規制されているためストレスも多い春ですね。

話題に流されすぎてストレスを感じるよりもちょっと春の風や香り、そしてお日様の温かさを感じることも大切です。

ダイジョブのスタッフのおうちにミモザの花が咲き、新しくダイジョブスタッフになった2名と産休に入るスタッフにお花のプレゼントをしました。

黄色のミモザがオフィスにあるだけで華やかになり、笑顔いっぱいになる。

ミモザは女性にピッタリのお花だと思っています。そしてダイジョブにもピッタリ

花言葉は

「秘密の恋」→これはちょっと魅惑的ですが、他には「豊かな感受性」「友情」「堅実」「感謝」

ダイジョブスタッフにぴったりだなあと感じてしまいました。

4月からまたスタッフも増えて元気いっぱいに心を込めてケアして参ります。

久しぶりに皆揃ってとても賑やかでした。コロナにも注意しながらご家族や子どもたちへ楽しく安心する時間を届けて参ります。

ちょっと手作りリースも作ってみました。

これから、春はたくさんのお花が咲きます。人込みでなければちょっとマスクを外して春の香りも感じてください。

2020年3月6日 | カテゴリー : 未分類

いのちの授業

2月10日に横浜の滝頭小学校6年生に『いのちの授業』を行ってきました。

ダイジョブの運営母体である「難病の子どもとその家族へ夢を」が団体の最高顧問職としてご尽力下さった日野原重明医師の遺志を永遠につなぐために無償出前授業を行っています。

日野原先生が生前、NHK教育テレビの「シリーズ授業」で全国の小中学校を対象に講演形式で始めた活動です。

いのちの授業を通して、子どもたち一人ひとりが自分の「生きる役割」を考え、将来に希望を抱き、自分自身と仲間を大切にするこころを抱き続けてほしいという願いを込めています。

今回は、助産師として所長:有馬が見て・感じて・つながってきた「いのち」を子どもたちにお伝えしました。

☆ここに生まれてきているみんなも一生懸命、お母さんに協力して生まれてきた。

産道を通ってくるときにこんなに皆は頑張ったんだよ!!子どもたちも「えーきついー」という反応。

☆病気を持って生まれてきた子どもが一生懸命「いのち」をつないで生きていく姿。

病気の子がたくましく、そして家族もいのちを大切にしているストーリーを伝えるとじーっと真剣に聞いてました。

☆子どもたちの世界でおこっている「いじめ、不登校、自殺・・・」いのちを粗末にしないでほしいこと・・・

この話しになると子どもたちの背筋がピシッとなりさらに目つきも真剣になっていました。

自分に与えられた「いのち」を自分のため、人のために使っていくことを大切にしてほしい!その願いを込めてお伝えしました。

子どもたちには、子どもたちの世界での悩みや訴えがあるのかな??

子どもたちから私も感じることが沢山ありました。

 

リアルなお産のシーンを友人で北九州で助産院を開業している「日向助産院」から提供いただき、誕生の神秘さ、お腹の中の赤ちゃんの姿を伝えることができました。協力いただいたご家族に感謝申し上げます。

今回の授業の後に、子どもたちがご家族と自分が生まれてきたときのお話しを聞けたなら、また自分たちの「いのちが大切なもの」であることをを感じることができるのではないかと思っています。

今後、全国の小中学生に私たち団体だからできる「いのちの授業」をお伝えしていきますのでご興味のある方はお問合せください。

 

 

2020年2月17日 | カテゴリー : 未分類

2020年も宜しくお願い致します

2020年が始まりました。

ダイジョブもオリンピックに負けずに色々な取り組みをしていきたいと思っています。

まずは、2月に運営団体 難病の子どもとその家族へ夢を(Hope&Wish)の

「青と碧と白と沖縄」というバケーションハウスが完成致します。

ダイジョブファミリーもこの施設を楽しみにしているようです。

年明けは、ダイジョブスタッフでミキサー食の研修をしたり

ベビーウェアリングの復習と色んな業者さんの抱っこ紐に触れて

子どもの個別性、ご家族の考え方に添えるようにどのようなケアが必要なのか?

皆で子どもたちやご家族の顔を思い浮かべながら話し合いをしました。

ダイジョブスタッフもやる気一杯なのでダイジョブファミリーに楽しみを沢山運んできたいと思っています。

 

今年も個性豊かに笑顔一杯の毎日をお届け致します。

どうぞよろしくお願い致します。

2020年1月16日 | カテゴリー : 未分類

2019年も最高な一年でした

2019年もあと1日となりました。

ダイジョブも2年間で沢山のかわいいキッズたちそして素敵なご家族と出会うことができました。

キッズたちは、お話しができるようになったり自分のことをしっかり表現できるようになってきて訪問時間もご家族と笑い合う時間が多くなった一年でした。

何より、ご家族が自分たちが大変な生活ながらも「私たちに何かできることはないか?」と模索されているご家族が多くて本当に嬉しい言葉を沢山いただきました。

子どもが疾患を持つことは、可哀そうなことではありません。

ご家族にとっては乗り越えなければならない山は沢山ありますが、その先には素晴らしいことも待っています。

病気も障害も、色んな個性が集まるとワクワクが止まらないこともできるのです。

2020年ダイジョブの運営団体であるHope & Wishは次のステップとして沖縄に「青と碧と白と沖縄」を2月にオープンさせます。

私たちが色んな個性を集めて楽しい場にし、社会には色んな人が一生懸命生きている!!それを互いに認め合える場所になっていくと思います。

ダイジョブも2020年は、スタッフの個性を生かして研修事業も計画していく予定です。

タンポポの綿毛をどこまでも飛ばしますよ

もっともっと、子どもたちやご家族の頑張り、そしてご家族からもらった素敵な言葉を皆さんに伝えていけたらと思っております。

  「Life is beautiful

来年もこれを心して沢山の出逢いを楽しみに邁進いたします。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

 

2019年12月30日 | カテゴリー : 未分類