いのちの授業

2月10日に横浜の滝頭小学校6年生に『いのちの授業』を行ってきました。

ダイジョブの運営母体である「難病の子どもとその家族へ夢を」が団体の最高顧問職としてご尽力下さった日野原重明医師の遺志を永遠につなぐために無償出前授業を行っています。

日野原先生が生前、NHK教育テレビの「シリーズ授業」で全国の小中学校を対象に講演形式で始めた活動です。

いのちの授業を通して、子どもたち一人ひとりが自分の「生きる役割」を考え、将来に希望を抱き、自分自身と仲間を大切にするこころを抱き続けてほしいという願いを込めています。

今回は、助産師として所長:有馬が見て・感じて・つながってきた「いのち」を子どもたちにお伝えしました。

☆ここに生まれてきているみんなも一生懸命、お母さんに協力して生まれてきた。

産道を通ってくるときにこんなに皆は頑張ったんだよ!!子どもたちも「えーきついー」という反応。

☆病気を持って生まれてきた子どもが一生懸命「いのち」をつないで生きていく姿。

病気の子がたくましく、そして家族もいのちを大切にしているストーリーを伝えるとじーっと真剣に聞いてました。

☆子どもたちの世界でおこっている「いじめ、不登校、自殺・・・」いのちを粗末にしないでほしいこと・・・

この話しになると子どもたちの背筋がピシッとなりさらに目つきも真剣になっていました。

自分に与えられた「いのち」を自分のため、人のために使っていくことを大切にしてほしい!その願いを込めてお伝えしました。

子どもたちには、子どもたちの世界での悩みや訴えがあるのかな??

子どもたちから私も感じることが沢山ありました。

 

リアルなお産のシーンを友人で北九州で助産院を開業している「日向助産院」から提供いただき、誕生の神秘さ、お腹の中の赤ちゃんの姿を伝えることができました。協力いただいたご家族に感謝申し上げます。

今回の授業の後に、子どもたちがご家族と自分が生まれてきたときのお話しを聞けたなら、また自分たちの「いのちが大切なもの」であることをを感じることができるのではないかと思っています。

今後、全国の小中学生に私たち団体だからできる「いのちの授業」をお伝えしていきますのでご興味のある方はお問合せください。

 

 

2020年2月17日 | カテゴリー : 未分類

2020年も宜しくお願い致します

2020年が始まりました。

ダイジョブもオリンピックに負けずに色々な取り組みをしていきたいと思っています。

まずは、2月に運営団体 難病の子どもとその家族へ夢を(Hope&Wish)の

「青と碧と白と沖縄」というバケーションハウスが完成致します。

ダイジョブファミリーもこの施設を楽しみにしているようです。

年明けは、ダイジョブスタッフでミキサー食の研修をしたり

ベビーウェアリングの復習と色んな業者さんの抱っこ紐に触れて

子どもの個別性、ご家族の考え方に添えるようにどのようなケアが必要なのか?

皆で子どもたちやご家族の顔を思い浮かべながら話し合いをしました。

ダイジョブスタッフもやる気一杯なのでダイジョブファミリーに楽しみを沢山運んできたいと思っています。

 

今年も個性豊かに笑顔一杯の毎日をお届け致します。

どうぞよろしくお願い致します。

2020年1月16日 | カテゴリー : 未分類

2019年も最高な一年でした

2019年もあと1日となりました。

ダイジョブも2年間で沢山のかわいいキッズたちそして素敵なご家族と出会うことができました。

キッズたちは、お話しができるようになったり自分のことをしっかり表現できるようになってきて訪問時間もご家族と笑い合う時間が多くなった一年でした。

何より、ご家族が自分たちが大変な生活ながらも「私たちに何かできることはないか?」と模索されているご家族が多くて本当に嬉しい言葉を沢山いただきました。

子どもが疾患を持つことは、可哀そうなことではありません。

ご家族にとっては乗り越えなければならない山は沢山ありますが、その先には素晴らしいことも待っています。

病気も障害も、色んな個性が集まるとワクワクが止まらないこともできるのです。

2020年ダイジョブの運営団体であるHope & Wishは次のステップとして沖縄に「青と碧と白と沖縄」を2月にオープンさせます。

私たちが色んな個性を集めて楽しい場にし、社会には色んな人が一生懸命生きている!!それを互いに認め合える場所になっていくと思います。

ダイジョブも2020年は、スタッフの個性を生かして研修事業も計画していく予定です。

タンポポの綿毛をどこまでも飛ばしますよ

もっともっと、子どもたちやご家族の頑張り、そしてご家族からもらった素敵な言葉を皆さんに伝えていけたらと思っております。

  「Life is beautiful

来年もこれを心して沢山の出逢いを楽しみに邁進いたします。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

 

2019年12月30日 | カテゴリー : 未分類

心に残る”いのち”

ダイジョブの運営団体であるHope&Wishは、全国から難病の子どもを持つご家族をお迎えして家族のかけがえのない時間を創っています。参加されたご家族の中には、子どもの命に向き合わなければならないご家族もいらっしゃいます。

傍にいる私たちにできることは、ご家族がご家族らしい笑顔でいること!!この時間を一緒に過ごし家族の心に刻んでいくことです。

今年の7月にウィッシュファミリーである島田ファミリーのお宅で「スノーホワイトプログラム」を行いました。

患児である5歳のサキちゃんは、外出ができない状態であり、ご家族みんなでサキちゃんの命を必死に守りぬいていた夏!!

この家族にとびっきりの笑い合える時間を創りたい!!ご家族は、サキちゃんを沖縄に連れていきたいという希望を持っておられたので、沖縄をテーマにしたホームパーティーの開催!!ご家族みんなで浴衣に着替えて私たちを迎え入れてくれました。

ゲームをしたり、流しそうめんをしたり、スイカ割りをしたり。皆でとにかく笑った時間!!

バケーションstaffが寝ずに練習して三線を奏で、皆で心を一つに「海の声」を歌って。

忘れられない時間です。

体調がすぐれないサキちゃんもとってもいい笑顔!!食欲のなかったサキちゃんがスイカやそうめんを食べた時は皆で喜びました。

最後に可愛い声を振り絞って大きな声で皆に「ありがとう」と・・・

私たちの心をポカポカに温めてくれたサキちゃんの心のこもった言葉です。

その2週間後・・・サキちゃんはお空に旅立ちました。

サキちゃんが旅立ってから半年・・・。

まだまだご家族の心は癒えてはいません。最愛の娘が側にいないことがどれだけ辛いか。

私たちの想像を超える寂しさでしょう。

そんな中、サキちゃんママとお兄ちゃんからサキちゃんの ”いのちの輝き” をダイジョブスタッフにお話ししてくださる時間をいただきました。

ママは、娘との闘病生活を思い返して言葉にすることがどれだけ大変だったか・・・

サキちゃんが「ママより私は先に死んじゃうんだよ」とママに伝えてきたこと。

サキちゃんは「ありがとう」と皆に心を込めて感謝する子であったこと。

ママの一言一言が私たちの胸にじんわりと伝わって涙が止まりませんでした。

きっとサキちゃんも傍にいてくれたと思います。

そして、小学校3年生のお兄ちゃんはサキちゃんが亡くなった日のことを鮮明に語ってくれました。

お兄ちゃんは手を握って一生懸命に祈ったそうです。

お兄ちゃんの目から涙がほろり・・・。

普段はおちゃらけて人を笑わそうとしてくれるけど。この子の寂しさがどれだけ深いものか・・・

良く頑張って私たちに ”妹のいのち” について一生懸命お話ししてくれました。

 

その姿を見守るお父さんの姿がまた暖かい。

このご家族に言えることは

「こんなに素晴らしい娘さんに出会わせてくれてありがとう」

 

悲しく、つらいことだけれど、いのちの現場にいる私たちが思うことは

「いのちを人の心に刻める人」はそんなに多くはいないということ!!

サキちゃんは凄い女の子です。

 

肉体的には傍にいないけれど、サキちゃんのあの「ありがとう」は絶対に忘れない声。

さきちゃんの ”いのち” はいつまでも私たちの中で生き続けていきます。

島田ファミリーのキヅナが、「私たちの心の中でサキちゃんを生かしている!!」

私たち訪問看護師が大切にしていきたいことがまた1つみつかりました。

”心に残るいのち”があることを一生懸命に伝えてくれた島田さん家族に心から感謝致します。

ありがとうございました。

皆でサキちゃんの宝物を手に持ち撮影しました。

サキちゃんきっと傍にいてくれたね!!ありがとうね。

 

 

 

2019年12月9日 | カテゴリー : 未分類

感覚統合を大切に!!

感覚統合っていう言葉を聞いたことがありますが??

私たちは身体を使ったり、道具をつかったり、コミュニケーションをとったりと周りの環境に上手く適応できるようになっています。これは、脳に入ってくるいろいろな感覚をうまく整理したりまとめたりできる→感覚統合がうまくいっているためです。

感覚は五感+固有需要覚、前庭感覚があります。

ダイジョブでは、退院してきたお子さまにとにかく愛情をもって触れます。手、足、顔、口

ただ、単に触れているだけに見えるかもしれませんが意味のある触れ方、触れ合いをするようにスタッフでいつもお勉強しています。

◎質の良い抱っこ

◎安心、安楽な姿勢(キャスパーアプローチ)

◎意味のあるタッチング

◎意味のある遊び

乳幼児の成長の土台を作るこの四つを大切に徹底して関わります。

一般的には、作業療法士さんや理学療法士さんと思われることでしょう。確かに、リハビリはとっても大切。

ただ、日常生活の中での子どもたちの心と身体を知っているのは、だれ?お母さんです。そして訪問看護師もその一員!!

子どもの身体や心の「小さな反応」を感じてそこに何をアプロ―チするかは、訪問看護師も行っていきたいコトです。

リハビリをうける・・・そしてこれをお家で継続すること!!これが本当に大切なんです。リハビリに行ったから大丈夫ではなく継続!!が必要!!看護師はその継続を大切にケアできる1人です。

 

質の高い抱っこやおんぶは、固有感覚や前庭覚も一緒に養うことができます。

外に出れないお子さまでもお家の中で遊べるお砂もあります。何だか触ると気持ちいいんです。

~キネスティックサンド~

2歳くらいの子は手に何かがつくことを嫌がります。三歳くらいになると積極的にお砂を触っている☆

成長に応じて、その子の応じてどんなモノを使うかも大切です。

スタッフのほうが張り切って遊んでしまい。ダイジョブキッズに「よくばりすぎ~~」とご忠告を受けてしまいました(笑)

子どもたちの成長って不安になるの前に、大人も一緒に「面白がる」これが必須!!です。

子どもたちの心と身体の声にしっかり耳をすましながら関わる!!これだけは、絶対に忘れないようにしていきたい。

キネスティックサンドも是非触ってみてくださいね。大人の方が癒されてしまうかもしれません。

2019年11月28日 | カテゴリー : 未分類